B’z稲葉浩志が「SING2」で声優初挑戦!どのキャラクターで出演?

エンタメ

2022年3月18日に公開予定の「SING:ネクストステージ」で、B’zの稲葉浩志さんが日本語吹替版の声優をつとめたことが発表されました!
どのキャラクターを担当したのか、どのような役どころなのか確認しておきましょう。

【稲葉浩志】担当したキャラクターは?

稲葉浩志が吹替声優初挑戦!『SING/シング:ネクストステージ』ライオンのクレイ・キャロウェイ役に決定 | cinemacafe.net

1作目の「SING」では声優としてのスキルはもちろんですが、歌唱力にも注目が集まりました。2作目となる「SING:ネクストステージ」では既に新しいキャラクターの声優として、SixTONESのジェシーさんとアイナジエンドさんが加わったことが発表されていましたが、さらに新たなキャラクターと担当した声優が発表されました。

ライオンのクレイ・キャロウェイを演じたB’zの稲葉浩志さんです!

B'z稲葉浩志が「SING」で声優初挑戦、U2ボノが演じた伝説のロックミュージシャン役(動画あり / コメントあり) - 音楽ナタリー

この発表にはかなりの衝撃がありましたよね。トップアーティストである稲葉さんの歌唱力は誰もが知るほど素晴らしいものです。しかしあまり話すイメージはない...

一体どんなキャラクターに仕上がったんでしょうか。

クレイ・キャロウェイは、かつては情熱的でパワフルな歌声が大人気だったロック歌手であり、伝説的ミュージシャン。妻の死後、心を閉ざし音楽から離れ、15年以上人前に姿を現していない。

すごいピッタリな役ですね。実際、映画の制作スタッフさんも、伝説的なロックミュージシャンを思い浮かべた際、稲葉さんしか思いつかなかったと話すほどのはまりようです。

稲葉さんが演じたクレイ・キャロウェイのオリジナル版はU2のボノが担当しました。
稲葉さんが劇中で歌う、本作のテーマソングにもなっているYour Song Saved My LifeはすでにU2の公式YouTubeチャンネルで公開されているので気になる方はぜひ聴いてみてください。

【稲葉浩志】メディアでのコメント

歌番組以外で話されている姿は見るのはとても新鮮ですね。

稲葉浩志 映画SINGのインタビューではRRLのカーディガンとSHAFT SILVER WORKSを着用 | サウウェブ

印象に残ったシーンについて触れ、「すべてのキャラクターが挫折から立ち上がるというテーマの元に、“音楽”を通して頑張っていく姿が一貫して描かれていること、さらにアッシュがクレイに再びステージに立ってほしいと説得に行き軒先で歌うシーンは、一人の小さな歌声で誰かを励ましたり、勇気づけたり、また立ち上がるきっかけを与えたり・・・色々な想いが詰まっている気がして非常に好きなシーンです。葛藤を超えてクレイが15年ぶりにステージに立つクライマックスのシーンは、自分で歌った後その映像を見て感動しました」

SING:ネクストステージ 他のキャスト

ムーンバスター:内村光良

アッシュ:長澤まさみ

ミーナ:MISIA

ジョニー:大橋卓弥(スキマスイッチ)

グンタ:斎藤司(トレンディエンジェル)

ロジータ:坂本真綾

ミスクローリー:田中真弓

ナナ:大地真央

アルフォンゾ:ジェシー(SixTONES)

ポーシャ:BiSHのアイナ・ジ・エンド

ヌーシー:振付師のakane

まとめ

「SING」はとにかく歌を通して人の心が動いていくストーリーです。歌なくしては話が進まないと言ってもいいです。その歌を2作目も豪華なキャストが担当しています。

もちろん歌だけではなく、ストーリーも見ごたえありそうなので公開を楽しみにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました